鈴鳴地蔵尊奉賛風景
 鈴の音と共に届けや彼岸まで
御守り鈴 願う父母今ここに立ちてしのばん
我が子をば抱く地蔵に合わす手のひら

 地蔵尊の御手に抱かれ、そのころもの裾にすがって御仏の世界に導かれし水子達へ心安らかであれ、幸せあれとの願いを込めて祈りの鈴をお授けいたします。
親御さんの手元で鈴が良き音色を奏でると、鈴鳴地蔵様の慈悲の御心によって水子様の所まで、その鈴の音が運ばれ、親御さんの愛情に包まれた水子様の心が安らぐことと思います。当院へ足をお運びになられます際には、祈りの鈴をお持ちになり、鈴鳴地蔵のお手に託してください。
鈴鳴地蔵尊のぼり旗
鈴鳴り地蔵尊奉賛
一口  三千円
◇◆◇ ◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆ ◇◆◇
鈴鳴り地蔵尊のぼり旗奉納
一本  一万円
鈴鳴地蔵
区切り線
私達が日常あまり気にしていないが、それはあまりにも自然すぎて極当然と思い感謝の気持ちがうすれている事があります。

 その第一が目であります。
かわいい我が子の様子を確認し、大切に育てる事が出来るのも目のおかげです。
美しい風景に感動出来るのも目のおかげです。

 その第二は音であります。
我が子の泣き声や笑い声を遠くからでも聞き取り安心したり、大きい声でお母さんの声を聞かせるだけで子供を安心させたり、声や音は大気をふるわし仏様のおられる宇宙までもその振動は届きます。

 その第三は味覚であります。
おいしい食事をいただき満足するのも、夏の暑い時のジュースの味を忘れる事が出来るのも我々が仏様からいただいた味覚のおかげです。

 その第四は触覚です。
かわいい我が子を抱いてそのぬくもりを感じ、又お母様やお父様のぬくもりを子供に伝えて語らずとも安心を伝える事が出来ます。

 その第五は嗅覚です。
季節が訪れ、花の香りを感じ、心も和ます事が出来るのも、お寺を訪れ線香の香に安堵するのも嗅覚のおかげです。しかし、この全てを失い唯ひたすらお地蔵様の胸に抱かれ、母や父の無事を願う事すら出来ない水子にとって、せめて母や父からのたよりは宇宙につながる大気をふるわせ叫びつづける鈴の音です。

 その役目を果たしていただいているのが圓満院門跡、鈴鳴り地蔵尊です。
小さい鈴であっても父さん、母さんの心を乗せて鳴らし続けましょう。
お世話をいただいている鈴鳴り地蔵様への感謝の気持ちを鈴の音に乗せて、そして我が子の安否を祈り続けましょう。
祈り続ける事が供養なのです。

日本水子供養霊場会総霊廟所
総本山 
円満院門跡

〒520-0036
 滋賀県大津市園城寺町33
TEL 077(522)3690  FAX 077(522)3150
E-mail  info@enmanin.jp