水子供養とは?

 水子供養は、生まれることのなかった我が子を慈しみ生むことのできなかった母の心を癒すご供養です。決して、宗派、宗教に基づく行為ではありませんので、水子供養のお寺当院では宗教、宗派、人種、性別のあらゆる規制をいたしておりません。
1.水子に戒名を授け仏様の子とする。
 水子とは名もなく遺骨もなく、この世の光も見ず、親また子の顔を知らないという存在です。すべてのものは、「名」を付けることによってその存在がハッキリするわけですから、水子も名を付ける必要があります。しかし、水子には俗名というものがないので、仏典から文字を頂戴し、水子に戒名を授与する事で仏さまの子なります。
2.水子のお位牌を造立し水子霊の宿るところをしつらえる
水子様お位牌  水子地蔵、水子観音を造立される方がよくありますが、これらの仏さまに水子の霊が宿るのでは無くお地蔵さまにはお地蔵さまの魂が宿ります。仏さまを造立するということは、供養の心の表れの一つにすぎません。ですから、水子霊の宿るところが無い事になり、水子霊は迷いかねません。水子の霊は、御位牌に宿るところから、戒名でもって一霊一基の水子さまお位牌を造立致します。
 円満院の水子供養とは、水子の霊そのものを供養するということで、中途半端な形は取らず、正しい供養を致しております。
3.くり返し供養する
 ご先祖の場合は自然死、即ち寿命である場合が大半ですが、水子の場合はそうはでなく、横死(不意の死)だということです。流産、死産もそうですし、人工中絶の場合は子供の生まれたい、生きたいという願いの芽を親がつみとったことにほかなりません。
 水子の場合、一代で無縁になるケースが多い為、お位牌を造立し開眼法要を営み安置する永代供養が理想的です。正しい供養をする事により水子霊は浄化され水子の霊は鎮まり、親の罪は消え、善因を生じて幸せになります。
供養風景
円満院では毎月23日午前11時30分より ご門跡親修の水子月法要をしております。

また、毎年1月と8月には水子供養大法要が営まれます。
水子供養大法要は、法門ご僧侶総出仕で営まれ、
多くのお坊さんがお経をあげ、ねんごろな水子供養が営まれます。
区切り線
区切り線
水子供養料金 水子供養申込み 水子供養Q&A
円満院紹介 アクセス お問い合わせ

総本山 円満院門跡
〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町33
TEL 077(522)3690  FAX 077(522)3150
Eメールinfo@enmanin.jp