ホーム>圓満院について

圓満院について

総本山 円満院門跡は今から約一千年前、平安時代村上天皇の代三皇子悟円(ごえん)法親王によって
開創された寺院で、長く天台寺門総本山園城寺(三井寺)の中枢に位置しておりましたが、
現在は単立寺院である。

門跡寺院(もんぜきじいん)として皇子皇孫によって受け継がれ、
現門跡 奥野秀道大僧正で57世に及びます。

皇室との関係も深く、歴代天皇の御位牌も本堂に奉安されています。元来、門跡というのは寺院において
師資相承して法を受け、その法灯を相続せる門葉、門流を門跡といったものでありますが、
後世においては寺院の資格を示すようになりました。

徳川時代に「宮門跡」「攝家門跡」「准門跡」と三門跡の分類が確立しました。
1.「宮門跡」は親王及び天皇の法統を継いだ寺院で、親王門跡とも称することがありました。
2.「攝家門跡」は五攝家、即ち、近衛、九條、二條、一條、鷹司の五家の子孫が入室継承した寺院を言います
3.「准門跡」は門跡に準ずる寺院で眞言宗の連華光院を除き、いずれも真宗の本山です。

日本全国に20万余あるとされている中で、(宮)門跡寺院は、17ヶ寺しかなく、
よく知られているところでは、京都「三千院門跡」「大覚寺門跡」「仁和寺門跡」日光「輪王寺門跡」
などがあります。
門跡寺院とは

秘仏金色不動尊 本院は、近畿36不動尊の第25番霊場に選定されております。
本尊の「秘仏金色不動尊」は、運を開き願いを叶える
不思議なお力のある不動明王として信仰を集め、
毎月28日の「お不動さんの日」には、善男善女が願文を記した
護摩木が積み上げられ、護摩供が厳修されます。
護摩供が終わると、「不動粥」がふるまわれます。

また毎年1月28日は、一千年の伝統を持つ本院最重要法儀
「新春特別法力初護摩供」の日です。
天皇・皇后両陛下のご健勝と鎮護国家を祈念して開白、
その後祈願お申込みの方々の願いを祈念致します。
法門の僧、総出仕で修されます。

総本山 円満院門跡
〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町33
TEL 077(522)3690  FAX 077(522)3150